古代東海道・更級日記の道

1020年、菅原孝標女が歩いた上総(千葉)から京への古代東海道を探索しながら進みます。

更級日記の道・ルート探索

古代東海道 下総国⑦ 南生実橋から千葉寺駅前リブレ京成まで V2

前回の南生実橋交差点風景の写真には廣照寺が見えている。 この先、右側にある八剣神社、埋蔵文化財調査センター、大覚寺山古墳についてはすでに述べているので省略。 道の雰囲気をお伝えする写真は次のとおり。基本的に台地の周縁に沿って進んでいる。 生実…

古代東海道 下総国⑤ 埋蔵文化財調査センター、大覚寺山古墳

八剣神社を出て、バス通り(千葉中央遺跡通り)に戻って北上。 埋蔵文化財調査センター入り口という大き目な看板があるのでそこで右折。 なだらかな傾斜を進むとすぐに右手の高台に建物が見える。 資料も展示も豊富で勉強になる。生徒・学生の見学も多そうだ。…

古代東海道 下総国③ 千葉市中央区南おゆみ野(千葉中央遺跡通り)

長妙寺の先、茂原街道旧道、同バイパスを横切って直進し、発展途上地域を超えて浜野川に達する。 いくつかの候補の橋がある。仲良し橋、清流橋、御手洗橋もあるが進むルートに直結するのは南おゆみ橋。 渡った先のこのルートの右側はすごい。 後で立ち寄る千…

古代東海道 下総国② (古市場)高嶋天神社と長妙寺橋

村田川にかかる長妙寺橋を渡る。そこは割と普通に見える町並み。 せっかく、渡るのだから同じ名前のお寺を見てみようとすぐ右折。 おや、途中、ひなびたいかにも村のお宮という感じの神社があった。 ところが、 平安時代から続き、千年の歴史を持つという。 …

古代東海道 下総の国① どこで上総・下総の国境を超えるか V2

上総、下総両国の国境は村田川。 現在は市原市と千葉市の境となっている。 古代の人はどこで川を渡ったのであろうか。 古代東海道のルートを房総往還に重ねる人は以下地図中のAとする。 ただし川が変化しているので村田橋は埋まり、新村田橋に移っているが。…

上総の国⑫の5 菊間最終: 阿波能須神社と菊間藩陣屋跡

菊間でずいぶんかかったが、最後に気になるところを2か所。 其の1 菊間国と言ったら豪族→律令制下での国造と古代の話で終始するだけかと思っていたらなんと江戸末期から明治初期にかけて菊間藩の存在も話題になっている。 藩主は老中にもなっている水野氏の…

上総の国⑫の4 あたりの雰囲気と菊間天神山古墳 

北野天神山古墳と菊間天神山古墳があり、紛らわしい。 後者について周りを探したが見当たらない。 その過程でさまよい、地域の雰囲気もつかめたが。 普通の農家らしい農家もあることはあったが多くはない。 豪農、お金持ち、普通の市民の家がポツポツという…

上総の国⑫の3  北野天神山古墳と東関山古墳

三者は近い。特にbとcは至近距離。なお、文献によれば新皇塚古墳(古墳前期)はほぼ消滅とある。 b北野天神山(権現山)古墳 前方後円墳90m? 古墳中期 c 東関山古墳 前方後円墳90m? 古墳中期 a 姫宮古墳 前方後円墳52m 古墳後期 北野天神山(権現山)古墳 隣…

上総の国⑪ 菊間古墳群と国造

土木学会論文集D22vol69にある小方武雄氏の次の一説には強く賛同したい。 直接は神奈川県での古代道について中原街道説ではなく246号説を採る論拠として挙げるものであろうが氏も言うように他の地域での比定にあたっても十分に根拠となるものと考える。 更級…

上総の国 ⓾ 菊間・村田川へ

さて、山木交差点から先、どう進むか。 左折し、八幡地区へ進み房州往還道を進むとするのが多数説かもしれない。 ここで道路技術系研究者の発言も頭をよぎる。 一は、武部健一氏(元建設省・道路公団)の「高速道路と古代道路の共通性というものに気づき~」 (…

上総の国⑦ いまたちと進行経路

受領の赴任旅行にあたっては、吉日に吉方に向かって家を出る出門と実際に吉日に旅を始める進発の2段階のステップがあるとのこと。 更級日記では、9月3日に「いまたち」に移り、15日に平安京に進行を始めている。 では、「いまたち」とはどこ? ここでまた…

上総の国⑥ 国府域を出てから通る道

上総の国府場所については江戸の時代から現代にいたるまで論争があり、大別して4説になるようであるが、いずれにせよ区域内では仕事、生活の必要があり必要に迫られて大小、方向の様々な道が利用されていただろう。 では国を出て京にへ向かうにはどのルート…

上総の国⑤ 国分尼寺展示館

展示館の中には大切なことがわかりやすく説明展示されている。 説明スペースが限られているということは新聞記事と同じで冗長に流れやすい書籍にはない長所をもたらしている。 室内撮影可ということも学習に効果的だ。 展示館の窓から復元建物が見渡せる。 …

上総の国 ③上総村上駅から戸隠神社そして国分寺へ V2

国庁、国衙、国府域 山路直充氏は国府を考えるにあたって国庁、国衙、国府域に分類する提言をされている。(房総の考古学p165) 国庁は国司が政事を行う政庁を区画した空間 国衙は国庁とその周辺に曹司が展開した空間 国府域は国衙とその周辺に広がった国府…

更級日記の道 1上総の国 ①出発地点の想定 

前書き・総論ばかりじゃひんしゅくを買う。 そろそろ上総の国府から京へ向かって古代東海道の道を歩き始めないと。 しかしここで難問! 上総の国府がどこにあったかが定まらないのだ。 古くから学者先生の間でも見解が分かれていて一向に定まらない。 ざっく…