古代東海道・更級日記の道

1020年、菅原孝標女が歩いた上総(千葉)から京への古代東海道を探索しながら進みます。

新聞記事を読んで思うこと

   

 

上は読売新聞地方版(千葉)の記事

これを見て思うところがとても大きい。

① 新聞、テレビなんて見ない。ネットニュースで十分という意見が流行であるがこれはネットに出ないだろう。この記事を見ていない人は知らないまま終わる。

② なんとなく全国版記事がより価値があるかに思われがちであるが、地方版にしか載っていないのであればその分野に関心を持つ者にとっては地方版こそ有価値ということになる。全国記事になるもの、例えば高松塚発見!などはそこらじゅうで取り上げられるので特定の媒体に限定して有意性が認められることにはならない。

 公立図書館の「地域情報」コーナーがオンリーワンの宝の山と思われているのもそううことだろう。

③ ところで左の写真(9.23)は市川市国分にある国史跡「北下瓦窯(きたしたかわらがま)跡」に関するものと木更津市(上総国)の「金鈴塚古墳」に関する二つの記事になっており、右の写真(9.24)は下総国国府が置かれていた市川市国府台の「国府台遺跡」に関するものであるが、そもそも

 北下瓦窯(きたしたかわらがま)跡は2004年東京外郭環状道路の建設に伴う発掘調査で出土しもの

国府台遺跡は県営住宅の建て替えに伴う2016年からの調査に関連するものとのこと

 遺跡関係の発見と公共工事との関連性は相変わらず強いようだ。公共工事は考古学にとって害悪なのか発見の端緒となる恩人なのかどうなんだろう。

④ 考古学関連の記事を二日連続で出すということに良い意味で思うものがある。

千葉地域版の記事編成に決定権のある幹部記者が考古学というか歴史に関心、理解を持っているということだろう。他紙では記事にならなかった以上そう言って間違いなかろう。 逆に怖いことも。当該記者が人事異動で去ったらどうなるか。

いや、読売新聞社は秋の正倉院展の主催者にも連なるから社としての関心が高いのかも。

 人気ユーチューバーひろゆき氏は文系人間であるが、歴史で古墳のことを勉強することに何の意味があるかと公言している。こういう人が支局長なら二つともボツ記事になる公算が大きい。

 この種のことはいろんなところで生じる。学閥、有名大学の同窓会組織、出身地域による広義でのひいき・偏見などと。

同じグループに属するものには暖かく接し、能力のあるものなら引き上げる。しかしグループ外の者には優しくないとするなら問題だ。

 関東のある学者が学会で東国に関するある発表をしたら伝統的畿内の学者先生に(遅れている)東国にそんなことがあるはずがないと一蹴されたそうだ。

ある考古学者の文献を読んでいて面白いことに気が付いた。西国の国立大学の教授時代の著述には東国の遺跡に関する記述はほとんどなかったのが国立歴博(佐倉市)に異動後の著述には出るようになったのだ。

 学者である以上新聞以上に広く公正な取り上げを期待したい。

書店と書籍

総理は夏休み前に八重洲の書店で10冊の本を購入したとのこと。

東京駅前八重洲ブックセンターだろう。職場が近いときは結構行ったが,今はいくことがない。

今日ある大きなターミナル駅の駅ビル内にあるくまざわ書店に寄った。

驚いた。

考古学、古代の歴史などお客が多いとは思えない分野について専門コーナーを設けて大変な充実ぶり。

そこら辺の公立図書館にない本が目白押しだった。

くまざわ書店ってかなりの目利きの社員がいる感じがする。本を愛する社員が多い感じがする。

店内を見ればすぐわかる。

 

ビル建て替えで休業に入っているらしい神田の三省堂書店の方が私にとってはなじみがあるのだけど、社員の職業意識が希薄に感じることが数回あった。

過去の伝統だけじゃ組織はやばいですよ。M財閥グループ企業の不振ぶりを見ているとそう感じる。

 

もう書棚がいっぱいで増やしたくはないのだけどいい本があった。2千数百円するがマイナーポイント2万円の有効支出として購入。

これまで古墳に関する書籍というと西日本、畿内中心か、それへの対抗としての「東日本の」とか「東国の」というものが多かったがこの本は小ぶりな判に全国256地点約350基の古墳を選定し、カラー写真など必要資料を相当に詰め込んでいる。

 今月8月1日という最新の発行であり、古墳についての資料・著作は新しいほどよいという定説にも合う。

また、全国の古墳数は16万基もあり,それぞれの地域でおらが村自慢的見地からこれは重要という。しかしそれに溺れてしまっては他地域の重要必須古墳を訪れることがができなくなってしまう。

著者が一定の選択基準で選んでくれているのはその点で意義あるものと思う。

読みやすく工夫された編集になっておりかなりの購読者数になるであろう。

ただ、せっかくの内容なので判を少し大きくして年配者にも読みやすくした方が良いとは思う。

 

著者は青木敬(たかし)氏。1975年生まれの優秀な若い国学院大学教授だ。

先ごろ明治大OBのカリスマ的考古学者が90数歳でなくなったがファッション界のみならず考古学会でも世代交代がみられつつある。

磨り石の展示について

あるところで見た展示

 あれ?うちの庭に転がっている石に似ているなあ。

 

 

 

 

もしかして遺跡の石が我が家に?そんな馬鹿な。

展示の説明をよく見ると

 磨(す)り石とある。古代の人が磨いて作った石ではなく、植物を磨(す)るために用いた

石らしい。

とすると遺跡発掘場所で見つかった石もそこら辺に転がっている石も、石自体には変わりはなく、竪穴建物跡で見つかり当時の人が使ったであろうと推測されるか否かの違いだけになりそうだ(加工その他の痕跡が全くなければ)。

もし発掘する人が他で拾ってきた石を発掘現場で混入させたらどうなるのだろうか。

 

10年以上前になると思うが東京都立川あたりで有名大学の先生が土中から大変な遺跡物を見つけたとの報道があった。

 しかし、その後土建業の人から私が捨てた廃棄物ではないかと申し出があって落着した事件もあった。

ほとんどの人は過失はあっても悪意・故意はないだろうけどたまにそうでない人もいて事件になってしまう。

 そうだ、いつか読んだ本にある蓮の種について発見した人が別のところで採取したそっくりの種を持っているのを見たと意味深長なことを書いていたのを思い出した。

 

理系考古学者の卓見

「考古学を科学する」という本(2011年 臨川書店)で中條理一郎氏が書かれている「はじめに」の内容に驚いた。

「はじめに」であるが7頁と長く、しかもその内容が考古学に関しての文科系と自然科学の考え方の大きな違いのみならず、広く学問一般に通じる問題点を指摘する一大論文になっているからだ。

「持続可能性」が社会経済制度や環境問題に広く通じる言葉になっているのと同じような印象を受ける。

一部を紹介する。以下引用

 今から40年ほど前に、大学紛争で多くの大学が荒れたことがある。

その時、紛争学生の間でバイブルのように読まれた羽仁五郎の「都市の論理」という本があった。学生の考え方がわからないのでは、紛争への対処の仕様がないということで、文科系、理科系を問わず、多くの教官にも読まれた。

 理科系の教官の反応は「呆れてものが言えない」という感じであった。たくさんの文献が引用されており、その意味では著者はよく勉強していると言えよう。その後がいけない。自分の主張にとって都合の文献とそうでない文献へのふるい分けに終始している。そして、前者は「この問題はすでに〇〇によって議論されている」と自己の主張の補強に使われ、後者は「こんなバカななことを言っているのが」と切り捨てられる。

 なぜ前者は優れており、後者は取るに足りないかを論証することから学問は始まるのに、そういう客観性はどこにもない。

微分方程式を解いたり、実験をしたりして客観性に近づける努力こそが学問であるのに、その片鱗も見られない。都市の非論理もいいところである。

 考古学は実験や発掘を伴うだけに、文科系の中では客観性がある方である。しかし、ここで「コミュニティー」の語が威力を発揮する。他の分野の文科系の研究者と長年接している内に、文科系としてのマジョリティーの考え方に染まって行く。異なる学問間で個別の情報の交換をするだけでなく、もっと大きいところで学問への接し方についても情報の交換をすることが必要である。

 文科系の研究者には「都市の論理」よりもっとタチの悪い引用の仕方をする者も見られる。自分に都合のいい結論が得られている論文は引用するが、そうでないのは頬かむりをして無視するのである。理科系ではそんなことはしない。引用した上で、論理を尽くして反論を試みる。自己の反論が正しければ、相手の不十分さを指摘し、反論ができなければ、自己の今までの主張は誤りであったと謝る。これが学問というものであろう。

古代東海道更級日記の道 武蔵国㉖ 武蔵と相模の国境

多摩川を渡って神奈川県に入っても律令制下における相模国になるわけではない。

相模国は現在の神奈川県西半分。現川崎市横浜市の大半は南武蔵の南縁部に相当する。

 つまり武蔵と相模の境界は横浜市西半分を南北に縦断し、関東山地から三浦半島へ続く多摩丘陵により区分される(後掲 西川修一)。

西川氏はこの高燥な丘陵地系は弥生から古墳時代の遺跡の空白地域を形成しており、相模湾岸的領域と坂東の内海(うちつうみ)としての東京湾的領域との「大きな結界」をなしているとする。

 

「武蔵と相模の古墳」という本を手にした(2007年季刊考古学別冊15)。広瀬和雄・池上悟が編者となっている読みやすいいい本だと思う。

東京から神奈川に向かう者に参考となる。

 

 

 

 広瀬氏(国立歴)の序文「古代東国史の見直し」は深く、二度、三度と読み返したくなる文章だ。本筋に関係ないが「自治体を単位とした研究サークルや情報共有のための研究集会などが各地で頻繁に開催され、今に続く自治体考古学の隆盛を招く。」との一説、特に自治体考古学」との言葉は興味深い。

現にこの執筆者に東京都、埼玉県、区市教育委員会、県立高校教諭による論文が見受けられ、当然のなりゆきかもと思う。

 

それにしても武蔵国はざっくり言って埼玉、東京、神奈川の東半分を領域としていたのに現東京都は何でこんなに小さくなってしまったのだろう。コストがやたらにかかる伊豆7島などメリットは感じられないが。

 千葉県が安房、上総、下総と3国分も領域になったことに比してバランスが取れない。大きな川を県境にした方がわかりやすい点はある。

 

 

樋口一葉と鏑木清方・朝倉摂

4か月ちょっと前、台東区のところで竜泉にある樋口一葉記念館に寄り道した。

武蔵の国の項、最終としてそれに関連することを。

 

訪れたのは2021年12月19日であったが、樋口一葉の作品を舞台化した資料として舞台の模型が展示してあった。

そして、その舞台美術担当というのだろうかビッグな二人のお名前が記されていた。

 

   鏑木清方

   朝倉 摂

 

 亡き一葉を偲ぶ演劇公演に参画したお二人であるが、月日がたち、今やこのお二人が優れた表現者として偲ばれることになっている。

 鏑木清方は歿後50年として東京国立近代美術館で(5.8まで)

 朝倉 摂は生誕100年として神奈川県立近代美術館葉山で(6.12まで)

 

葉山は遠いが東海道が上総まで真に海を渡っていた時代の通り道であったし

摂さんの高名な生家は谷中の真っただ中であり、縁がないとは言えない。

 

                      

                     

 

田園調布 の街並み

多摩川台公園を北に進み、宝來山古墳に近づくと公園の東脇を通る道越しに、ちらちら家々の屋根が見えだしてくる。

どこかで見たような風景

ドイツに防御のため街の外周を城壁で囲んだ古い都市がある。その城壁は人が通れるようになっていて町並みを見下ろしながら歩ける。それに似ている。

からしてお金をかけている。

 

駅に向かう途中でいったん谷となる。いや、台地のふもとというべきか。

途中で目にはいる街の風景を。

ベンツが2台並んでいるなど、目立つのはやめ、風景として溶け込んでいる落ち着きのある地味目のものにした。

 

下のお宅、四つ角で目立つせいかよく取り上げられている。

敷地は広く、桜もきれい。

 

だんだんと日没も近づいてきた。

駅へ急ぐ。

この家は落ち着いている。

 

駅の周囲にキリスト教関係の施設が多い。

 

明治期以降、東京都心の女学校にクリスチャンスクールの創立が目立つが、ここら辺はハイカラ志向の土地柄ゆえか。

 

麻布近辺で見る大使館職員の家族同様、白人さんのコスチューム・立ち姿にアジア人はかなわない。

 

 

 

旧駅舎が保存されている。メルヘンチック

 

古代東海道更級日記の道 武蔵国㉕ 大田区と田園調布

大田区ってどうもつかみ難く一口で特性を言い難い。

下町工場街?高級住宅街?

東京湾対岸の市原市に似ている。

ベイエリアの重工業工場地域と沢蟹のいる山間部の養老渓谷地磁気逆転スポット!

 

大田区は1947年,大森区蒲田区を合わせる形で成立したが(大+田=大田区)、地域はこの2地域+糀谷・羽田地域+調布地域(北西部)の4域に区分けされている。23区最大面積だそうだ。羽田空港もあるしね。

田園調布のある北西部は武蔵野台地の東南端で高いところの海抜は42.5m、南東低地部の海抜は1~5mというから生業、住まいの様子も変わるはずだ。

さてさて、この多摩川左岸の武蔵野台地東部には遺跡・古墳がとても多い。前回お示しした大田区浅間神社古墳、亀甲山古墳、宝來山古墳のほか、隣の世田谷区にもたくさん!。 野毛大塚古墳,御岳山古墳、狐塚古墳、八幡塚古墳など。

世田谷区の方はアピール意欲が弱いのか被認知度が低いのは残念。近隣区共同しての広報に努めてほしいと思う。上級、じゃなかった広域自治体としての東京都の考古学情報周知についての総合性や指導性強化を期待したい。

 先般、両国駅脇の江戸博で東京都における埋蔵物の展示会が開催されたが、寄せ集めるだけで(だからこそか)あんなに高額な入館料を取る気が知れない。せいぜい数百円にしないと。

東京都における埋蔵物関連の研究・学芸員は職員定数から外され外部委託化されつつあるとかなり前に聞いたがその影響だろうか。だとするなら区市にかかる期待はますます大きくなろう。

 

 大田区に戻るが、田園調布から2.5キロ南東にある久ケ原遺跡(久が原4~6丁目)について松崎元樹氏が述べられている。(以下紹介)

これは戦前から考古学会で注目された集落遺跡で遺構密度は南関東屈指とのこと。11万平米に千軒を超す住居跡が存在し、弥生時代後期から古墳時代初頭にかけて営まれた農耕集落で,多摩川呑川に挟まれた沖積地に広大な水田が存在した可能性があるとする。

そして、この遺跡を営む勢力が4世紀になると水上交通の要衝である多摩川沿岸を治める目的で台地上に大規模な首長墓を築造したと推定している。



 

古代東海道更級日記の道 武蔵国㉔ 多摩川台公園の古墳(大田区田園調布1丁目)

3か月くらい前に新聞で紹介されていた(読売 2021.12.13)。

丸子橋に近いし、そばにある遺跡として是非とも寄ってみたかった。

日没までまだ時間があるのは幸いだ。

 

手前に神社があるが、俗っぽいたたずまいに見えたし、一般に多摩川台公園内の古墳と共に紹介されることはないようでパスして後ろの多摩川台公園内に直行した。

不勉強・準備不足ゆえの機会喪失となってしまった。ご近所で何度も来られるのでない限りもったいない。

 多摩川浅間神社は古墳を擁している。

 

脇の道を進み急階段を上って公園内に。

途中で目に入る多摩川の光景は国府台里見公園で目にする江戸川の風景にそっくり。

大田区多摩川台公園古墳展示室は月曜休館であったが、ガラス越に係員氏の姿が見えたので聞いてみると資料をいただけた。大助かり。

 

まずは手前の亀甲山(かめのこやま)古墳から。

 

木に覆われ、フェンスで入れず全容はつかめない(まだ掘られていないらしい)。
大木の根は土中埋蔵物を破壊し望ましいとは思えない。

千葉県内で芝張にし、自由に登れる未発掘の前方後円墳を体験しているだけにその点は残念。

 参考 写真は下総国⑥ 大覚寺山古墳

        

 

空から見ると

 

公園の北端には宝來古墳があるがその二つの前方後円墳の間に8基の古墳があり、道に沿って歩いていける。下は第5号墳

 

 

 

宝來山古墳の先端、後円部は住宅開発で削平されフェンス張りとなっている。

むごい。

ただし上部が芝で間に道があって様子がうかがえるのは利点だが。


 

なお、公園脇に止めてあるママチャリ自転車に特徴が。

普通の街は1~2割ぐらいだがここはほぼすべてが電動アシスト自転車

お金持ちの田園調布だから、ではなくあたりの起伏があまりに激しいからだろう。

多分今芦屋に行けば同じだと思う。ここら辺は次回に。

 

古代東海道 更級日記の道 武蔵国㉓ 高輪台→五反田、荏原、中延、旗の台、洗足、雪谷→丸子橋へ

1号線(桜田通)に出て高輪台駅先ですぐに港区から品川区に変わる。

さほど遠くない五反田駅にかけて驚くのが坂道の傾斜度。

こんなに高度差があるとは。

そして長い。

東京の坂道について書く人、書かれた本は多いが、坂道の大半は短めだ。

ここは長い。

これじゃ昔の人は人力の車で荷物を運ぶのに難儀しただろう。海沿いに東海道ができたあと、そちらを利用するはずだ。

進行左手(東南側)に「島津山」という名称が多く残存することに合点がいく。

駿河台の神田山と同じだろうと思う。

有名な新興宗教団体のビルがあり、

 

f:id:hen-un:20220415140719j:plain

雉子神社というお宮があった。由緒ありそうな立派な門構えであるがお宮本体が見えない。変だなと思いながら通り過ぎたが後でわかった。

色々な事情があったのであろうビルが建ち、その奥に囲まれるように位置していた(星印)。

 

f:id:hen-un:20220415140835j:plain

f:id:hen-un:20220415140920j:plain

f:id:hen-un:20220416134815j:plain

 

少し先の左脇に入る道を覗くとかなりの急坂。尾根道を歩いているのがわかる。

下に見えるお寺は宝塔寺だろう。f:id:hen-un:20220416134955j:plain

 

その先には清泉女子大がある(旧島津公爵邸 :東五反田3丁目)

 

 

五反田駅に近づく。

わかりにくい。大関横丁交差点のような感じだ。

それゆえか交番の前に大きな地図がある。

f:id:hen-un:20220415141140j:plain

先にある中原街道口を目指してそのまま桜田通を道なりにまっすぐ進んだ。

目黒川にかかる五反田大橋

f:id:hen-un:20220415141820j:plain

f:id:hen-un:20220416070247j:plain

 

しかし後で知った。

明治初期にはこの道はなかった。

ひとつ下流にかかる大崎橋を渡る道しかなかった(こちらが都道2号)。次の比較地図でわかる。

駅前の再開発でそのあたりの痕跡は見いだせない。

f:id:hen-un:20220415141504j:plain

f:id:hen-un:20220415141354j:plain

 

西五反田

f:id:hen-un:20220416071014j:plain

中原口

f:id:hen-un:20220415142002j:plain

駅前から旧道(都道2号線)で進めば、この中原口に直結する。

 

地名を言葉で聞くと、とてつもなく遠い感じがするがここから県境丸子橋までわずか7km。

7kmは都会での感覚では遠いが2時間歩けば神奈川県。

 

中原口に入ったとたん、人生裏街道というムードが漂ってくる。高速2号目黒線のガード下となる

f:id:hen-un:20220416065941j:plain

ちょっと休憩に喫茶店、ファミレスにと思ったがしばらくの間、見当たらなかった。国道16号線的な産業道路的雰囲気。

星新一というSF作家がいたなあ。

f:id:hen-un:20220416071107j:plain

まもなく平塚橋交差点。越えると進行左側は中延となるが、中延は西中延、中延、東中延とあって広い。

中延で東に曲がって大井町に進むのが古代延喜式ルートとするようだがどの道か?

一本でつながるものは見いだせない。

 

f:id:hen-un:20220416071515j:plain

 

旗の台に入り、だいぶイメージも明るくなってきた。

昭和大学の建物が集まるゾーンとなる。コロナでよく登場する先生はここの病院だったか。

f:id:hen-un:20220416071625j:plain

記念館と昭和大病院との間の立会道路は桜並木となっている。

f:id:hen-un:20220416072052j:plain

学校が続く。

品川区立清水台小学校

f:id:hen-un:20220416072834j:plain

 香蘭女学校

f:id:hen-un:20220416073235j:plain

その隣にある三光教会の雰囲気が良い。品川区旗の台6丁目。

聖公会の建物のデザインはなぜかアットホーム。目白駅先の教会もそうだった。

東京カテドラルと対照的。

f:id:hen-un:20220416073436j:plain

f:id:hen-un:20220416073500j:plain

f:id:hen-un:20220416113540j:plain

 

 

三間通り
 さて、東急大井町線ガード下とその先、環状7号長原陸橋の間の短い300mくらいの間に左折して始まる3間通りがある。
これが異様にほぼ直線的に連続する道でしかも大井町にも何とかつながっているのだ。 自転車で走行してユーチューブにあげる人もいる。

 しかし、江戸川区小岩から隅田川までほぼ直線的に進む道のように古代道かもという人は見当たらない。たまたま都市計画でそうなっただけなのか。

f:id:hen-un:20220416113740j:plain


環七を越え、洗足坂上

f:id:hen-un:20220416114441j:plain

おや、大森6中校庭の先に

f:id:hen-un:20220416114638j:plain

ちょっと寄り道

f:id:hen-un:20220416114753j:plain

f:id:hen-un:20220416114854j:plain

洗足池図書館

f:id:hen-un:20220416114923j:plain

ところで、洗足池の北側、駅名や町名に「千束」という文字を当てているがいわれがあるのだろうか。台東区の旧吉原遊郭界隈の現町名が「千束」であり、ドキッとする人もいるが。

ボートが浮かぶ池風景にはついていけない。道路の反対側から証拠写真を撮ってパス。

f:id:hen-un:20220416115855j:plain

 

f:id:hen-un:20220416120313j:plain

 

環八をクロス

f:id:hen-un:20220416120550j:plain

 

多摩川手前の11号多摩堤通りが近い。

f:id:hen-un:20220416120800j:plain

丸子橋到着。午後3時だ。皇居桜田門を出たのが8:40なので寄り道,食事等を含めて6時間20分ということになる。

f:id:hen-un:20220416121305j:plain

 

この数年何かと話題になる対岸、武蔵小杉駅界隈の超高層マンション群が見える。

f:id:hen-un:20220416121612j:plain

 

橋の途中で東京側を振り返ると

f:id:hen-un:20220416121848j:plain

東京東端、江戸川で見る市川市国府台の風景にとても近い。

 

みどりの丘陵、そこにある前方後円墳、背後の良質住宅街と。

3月28日の日は長い、まだ2時間は歩ける。

多摩川台公園の古墳群、そして隣り合わせの田園調布住宅街を見に行こう。